一重のコンプレックス

腫れぼったい一重

投稿日:

腫れぼったい一重とは?

日本人は実は一重の人が多いです。しかし、単に一重と言ってもいろいろな種類の一重があります。丸くて大きな一重や細長く切れ長の一重、まぶたの皮膚が薄い一重、そしてまぶたが厚くて腫れぼったい一重です。
日本人のなかで最も多い一重は腫れぼったい一重と言われております。そんな腫れぼったい一重をコンプレックスに思っている人も少なくありません。二重整形の観点から言うと、まぶたの脂肪が少ない方が二重を作りやすいです。つまり、腫れぼったい一重は二重を作りにくいのです。切開法による二重整形手術をする場合、腫れぼったい一重であれば、脂肪の切除が必要になってくることもあります。
腫れぼったい一重が他人に与える印象としては(受取側によって受取る印象は様々ですが一般的な意見として、)まぶたが下がり気味になるので、眠たいような顔つきになってしまいます。
腫れぼったい一重はその見た目からコンプレックスを感じる人も多く、また二重整形の手間もかかります。

腫れぼったい二重とは?

人の目は一重、二重の2つ、もしくは、一重、二重、奥二重の3つに大きく区分することができます。さらに細かい区分をした際に「切れ長の目」や「腫れぼったい目」が出てきます。
一重で悩んでいる方の中には、腫れぼったい一重で悩んでいる方が数多くいます。腫れぼったい一重であれば、二重整形をする時に、脂肪の切除をする必要がでてくることがあります。脂肪の切除を行わずに二重整形をすると、腫れぼったい二重になってしまうことがあるからです。
つまり、腫れぼったい二重とは、まぶたの脂肪が多く、腫れているように見える二重のことを言います。二重に憧れている一重の人も多いと思いますが、二重にも様々な二重があることを知って下さい。パッチリした二重もあれば腫れぼったい二重もあるのです。そして、生まれつき腫れぼったい二重をしている人の中には、自分の腫れぼったい二重をコンプレックスに感じている人もいます。

整形手術なしで二重になれるのか?

アイプチやメザイクは効果なし?

腫れぼったい一重をコンプレックスに感じている人は何らかの方法で二重になろうと思うはずです。その際に、整形による二重手術の前に、アイプチやメザイクなどで二重を試みた人も多いと思います。人によって程度や顔の状態が異なるので一概には言えないですが、目が腫れぼったすぎると、アイプチやメザイクの効果が無かったり、あったとしても上手くできないことがあります。まずは一重のコンプレックスを解決する前に腫れぼったさを解決することが重要になってきます。

腫れぼったさを抑えるためにできること(整形手術なし)

そもそも腫れぼったい目はまぶたが厚く、脂肪がある状態です。しかし、皮膚や脂肪だけが原因ではありません。腫れぼったさの原因の1つにむくみがあります。花粉症や寝起き、お酒の飲み過ぎなどでまぶたが重く腫れぼったくなることがありますが、これがむくみの中の代表的なものになります。
むくみがない状態で腫れぼったい状態であれば、腫れぼったさを抑えることができませんが、むくみが0ということはほとんどありません。
まずはむくんでいるのか、それとも改善できない脂肪で腫れぼったくなっているのかを確かめて下さい。

〜腫れぼったいまぶたのむくみチェック方法〜
1.鏡で左右のまぶたを見比べて下さい。片方のまぶただけ腫れぼったくなっている場合はむくんでいます。両方共同じくらいの腫れぼったさであれば、むくみもしくは脂肪の可能性があります。
2.昨日の自分のまぶたを思い出して下さい。昨日よりも腫れぼったくなっているようであれば、むくんでいます。いつもと同じくらいであれば、脂肪の可能性が高いです。
3.まぶたの皮膚をつまんでみてください(目を傷つけないように注意して下さい)。皮膚に跡が付くようであればむくんでいます。跡が付かずにすぐに戻るようであれば、脂肪の可能性が高いです。

さて、本日のあなたの腫れぼったい一重、腫れぼったい二重の原因にむくみがあるようなら、下記の方法で目元のむくみを解消して下さい。
まぶたのむくみを解消すれば、腫れぼったい一重の人も二重整形を受けずともアイプチやメザイクの効果を最大限に受けることができ、憧れの二重になれるかもしれません。腫れぼったい二重の人はパッチリ二重になれるかもしれません。

〜腫れぼったいまぶたのむくみ解消法〜
1.寝起きに炭酸水で冷やす
2.目のまわりのツボを押して血流を促進させる
3.保湿をしっかりと行う
4.使い終わったティーバックを冷やして目元に当てる
などがあります。いずれも科学的な効果が証明されていますので、安心して試してみてください。
腫れぼったさが解消されれば、手術なしでも憧れの二重を手に入れることができるかもしれません。

二重整形で腫れぼったさを抑える

むくみが原因の1つということがわかっていても、毎日むくまないように生活をしたり、対策をするのは面倒ですし続かないと思います。そもそも、脂肪が多くて皮膚が厚い場合はどうしようもありません。そこでオススメなのは思い切って整形手術をすることです。というか、生まれつき腫れぼったい一重の場合は、整形手術を受けなければ治りません。「整形」や「手術」という言葉を聞くとハードルが高く、嫌悪感を抱いてしまう人も多いと思います。確かに、10年前の日本ではハードルが高く、周りからの目線も冷たいものでした。しかし、現在ではプチ整形をしても話題になることは少なくなっています。それに、まぶたの脂肪の切除だけであれば、病院について1時間後には終わっているような小さな手術で終わります。腫れぼったい一重や腫れぼったい二重は目つきが悪くなりがちで、周りに与える印象が良いとは言えませんので、腫れぼったいまぶたにコンプレックスを感じているようであれば整形手術をオススメします。
腫れぼったい一重の人が二重整形を受ける際には、医師と相談をして理想の二重にしますが、たいていの場合は腫れぼったさを除くために、脂肪の切除を行うと思います。無料でカウンセリングを行っている病院もありますので、少しでも現在の腫れぼったい一重にコンプレックスがあるなら、病院に行って医師に相談してきて下さい。
腫れぼったい二重の人も、同じく病院で無料のカウンセリングを受けることができます。手術をするしないにかかわらず、金額や術後にどのような目になるのかを確かめるためにも、無料のカウンセリングに行ってみてはどうでしょうか。

腫れぼったい一重をコンプレックスに感じている人の話

生まれつき腫れぼったい一重を指摘されると傷つく

目が腫れぼったいねと人から散々言われてきました。そういってくる人は大体の人の目が大きかったり、パッチリ二重だったり、決して自分のような腫れぼったい一重まぶたの人でありません。一重まぶたは生まれつきなので自分ではどうしようもないので、腫れぼったいねと言われると心なしか傷つきます。

それに雑誌を見ても、テレビを見ても、芸能人やモデルの子たちは皆大半の人が二重で、自分のような腫れぼったい一重まぶたの女性の方をあまり見かけることはありません。一重まぶたって本当にマイノリティーなんだなと常々思わされます。なので余計に自分と比べては、二重だったらどんなに良かったのかと勝手にいじけてしまう事も多くなります。

そんな時に自分で簡単に二重になれるという商品を目にしました。まぶたに塗って、二重を人工的に作り出し、まぶたのクセづけをするというものです。美容整形をしなくてもこれなら二重まぶたになれるのかもと、すごく期待する気持で購入してしまいました。

ネットで取り寄せ使用してみたところ、腫れぼったいまぶたの私でも見事に二重まぶたに変身できました。自分でも可愛い目元になったとテンションが上がったんですが、時々こっそりと自宅で使ってみるだけにとどまっています。

これを使用した姿で誰かにあって、急に二重まぶたになった指摘されたら恥ずかしいという想像をしてしまったんです。二重まぶたに憧れるけど、人には気づかれたくないというジレンマで今悩んでいます。

-一重のコンプレックス

Copyright© FutaeWannaBe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.