整形で二重を作る

二重の仕組みについて

投稿日:

二重はどんな仕組みになっているの?

一重か二重はまぶたの中にある筋肉によってどれだけ皮膚が持ち上げられるかによって分かれます。

二重の仕組み

まぶたを持ち上げるための筋肉とまぶたの皮膚はくっついています。目を開けた時にまぶたの皮膚も一緒に持ち上げられるのですが、この時に皮膚が折りたたまれれば二重のラインができます。
二重ラインは「シワ」と言ってもいいでしょう。
この二重ラインが眼球に近かったり、幅が狭いと奥二重になるのです。

一重の仕組み

二重はまぶたの筋肉と皮膚がくっついていましたが、一重まぶたの場合は、筋肉と皮膚が分離してくっついていません。そのため、目を開けた時に表面の皮膚が垂れてしまいのっぺりとした見た目になってしまうのです。

仕組みがわかれば一重から二重にする方法がわかる

二重まぶたの仕組みと一重まぶたの仕組みがわかったと思います。
まぶたの筋肉と皮膚が繋がっているかどうかで二重か一重は変わってくるのです。

そのため、一重の人が成長したら二重になるということはほとんど考えられません。
仮に一重から二重になった場合には、もともとまぶたの筋肉と皮膚が繋がっていたが、一重に見えるほど二重幅が狭かったり、皮膚に余りがなかったりが考えられます。

もし一重から二重にしたければ、二重と同じ仕組みを作るしかありません。
つまり、筋肉とまぶたの皮膚が癒着(くっつく)するようにすれば良いのです。

そのためには、マッサージを行って二重と同じ仕組みになるように筋肉の組織を皮膚にくっつけていったり、二重整形をして同じ仕組みを作るしかありません。

とはいうものの、自力で二重の仕組みを作るのは難しく、たくさんの人が挑戦していますが、夢半ばに諦めている人が多いのも事実です。
一重で悩んでいる人は二重の仕組みに変えなければならないので、二重整形することをオススメします。

-整形で二重を作る

Copyright© FutaeWannaBe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.