整形で二重を作る

年を取ったら整形が崩れる?

投稿日:

二重整形は崩れにくいプチ整形です

顔や体などさまざまな部位の整形がありますが、二重整形は崩れることが少ないプチ整形です。

例えばシワを消すためのボトックス注射は定期的に打たなければなりません。途中でやめてしまうと崩れてしまいます。(※表現としては崩れるというよりは元に戻る)

また、豊胸のためのヒアルロン酸注射も同様に定期的な注射が必要ですし、人工乳腺バッグを入れる方法でも崩れる可能性があります。

整形はお金がかかるというイメージがあるのは、これらの整形が定期的に注射を行う必要があったり、メンテナンスを怠ると崩れることがあるからです。

しかし、二重整形の場合は金額も1回きりですし、崩れることは少ないです。
埋没法で二重にした場合は、「崩れる=まぶたを縫ってある糸がほずれる」ということになります。もちろん丈夫な糸で縫ってありますが、糸ですので切れたりほずれたりすることはあります。その際には再度埋没法を行う必要があります。

ただし、埋没法の場合には1〜5年間の保証がついていることが多く、金銭的な負担はしなくて良いことが多いです。

切開法の場合は、二重のラインがしっかりと付きますので、激太りや激痩せなどによりまぶたの脂肪量があまり変わらなければ、崩れることはほとんどありません。
(※激太り、激痩せの場合は二重整形をしていない人でもまぶたの状態が崩れることがあります。)

そのため、崩れることが心配な人でも二重整形は崩れにくいプチ整形ですので安心してください。

整形が崩れることはないが、定期的なメンテナンスは必要

二重整形に関わらず美容整形にはメンテナンスが必要

定期的なメンテナンスを行わなければ二重整形が崩れることがあります。崩れるというよりかは違和感が残ることがあります。
そもそも美容整形を行なっていない身体はどこのパーツも共通で年齢の変化と共に変化します。まぶたに関して言うと、年を重ねるに連れてまぶたの脂肪が増えてきます。脂肪が増えれば垂れ下がってきます。
例えば20代に二重整形をした場合、それは20代のまぶたに相応しい整形をしています。年を重ねてまぶたに脂肪が増えれば、20代の整形は古い施術として残ります。30代になれば30代に相応しい施術内容、40代になれば40代に相応しい施術内容があります。そのため、定期的なメンテナンスが必要になります。(※人によってはメンテナンスなしでも崩れないことがあります。)

埋没法に関してだけですが、まぶたに糸を縫うため、施術後のまぶたに糸が半永久的に残ります。時間が経過すれば糸が劣化をしてとれかかってしまうこともあります。最悪の場合、外れかけた糸が眼球を傷つけてしまうこともあるようです。
一方切開法による二重整形であれば半永久的に二重のラインが残りますので、メンテナンスの必要はないことが多いです。

いずれにしても定期的なメンテナンスは美容整形には必要になる可能性がありますので、初めて二重整形をする場合にはその部分を理解するようにしてください。

二重整形のメンテナンスについて

半永久的な効果が持続する切開法による二重整形であれば、定期的なメンテナンスは必要ありませんが、まぶたのたるみが生じた場合、二重の幅が狭くなることがあります。狭くなったまぶたをもとに戻したいのであれば、再度まぶたを切開する必要があります。金額は二重整形の切開法と同じくらいだと思います。
埋没法に関しては糸が取れたり外れたりした場合に、抜糸をして再度埋没法の施術を受ける必要があります。

二重整形が崩れた人の体験談

崩れてはいないが、糸が外れて一重に戻った

5年前に埋没法で二重にしました。それから特に大きな問題もなく過ごしていたのですが、ある日起きて鏡を見たら一重に戻っていたのです。
二重整形が崩れたというよりは、元に戻った感じでした。

二重整形をする時に、糸が緩んで外れることがあります。という説明を受けていたので、もしかしてと思い、施術を行った病院に連絡をしました。

二重整形でいきなり一重から二重になるのも不自然ですが、5年も二重で過ごしていたのにいきなり一重になるのも不自然ですよね?
会社の人には目の調子が悪くてたまに一重になることがあるんだよね。って嘘をつきました(笑)

病院に言って一重になったまぶたを見せると、やっぱり糸が緩んでいるとのことでした。
変に崩れていなかったので、大きな問題もなく、今すぐにでも再度埋没法ができるとのことでした。

ただ、会社の関係とかもあり、長い休みが取れなかったので、その場では二重整形せずに一番近い3連休前に予約を入れました。

それまでの間の会社はかなり苦痛でした。今まで二重だったのが一重になっただけでも不自然なのに、片目だけだったので違和感ありまくりです。

整形をしたのがいつバレてもおかしくないような状況でしたし、もしバレたら「プチ整形が崩れた」とか「崩れるような整形してたんだ」と笑いものになりそうで嫌でした。

途中からは眼帯を付けて、目の調子が悪くてものもらいできちゃったと嘘をつきました。
(ってか片目だけなら眼帯できたから、すぐに二重整形やっても問題なかった・・・とこの時気づきました笑)

いざ施術の日がきて再度埋没法で二重整形したのですが、お金は普通にかかりました。お金に関しても事前に説明されていた通り、2年間の保証期間内であれば無償で対応、その他向こうの施術ミスなどで二重が崩れた場合なども無償で対応とのことでしたので、今回は別途でかかりました。
埋没法はどちらかと言うと、永久的な二重を手に入れるというよりは、消耗品のようなイメージなんですかね?

再度二重整形をしてビックリしたのは、まぶたに残った古い糸はそのままなんですね。古い糸がある状態で新しい糸で二重を作りました。なんか古いのが残っているとまぶたの形が崩れるような感じがありますが、数回までは残したまま新しい糸で二重を作るらしいです。
でもまぶたにも限界

があって、糸がたくさん残ると違和感があったり崩れる原因になるので、その時は切開法で古い糸を取り除き、生涯崩れることのない二重をつくるらしいです。

この説明を受けた時に切開法も考えましたが、お金がかかるし、腫れる期間も長いし、施術ミスが起きると一生取り返しがつかない崩れを起こす可能性もあったので、埋没法にしました。

今のところ何の問題もなく今までどおりの生活をしています。
このまま崩れることなく、そして糸が緩むこと無く過ごせたらいいなぁ〜っと思ってます。

年齢と共にまぶたもたるんできているのが気になります。

20年以上前に切開法で二重にしました。
今ではいい年したおばちゃんです。歳を重ねると気になるのが皮膚のたるみです。私の場合は顔全体の皮膚がたるんできました。(もちろんたるまないようにマッサージとかしているのですが、年齢には勝てないですね笑)

二重整形をしたまぶたも歳相応にたるんできました。崩れることもなければ、たるみによって二重幅が変わることもなかったのですが、やはり今までキレイな二重をキープしていたので、気になるものです。

歳相応のたるみですので整形の崩れなどとで噂されることも無く、むしろ目だけ不自然に若くても違和感が残るだけなのでこのままでも問題ないのですが、やはり今一番気になっているのはまぶたです。

誰も私の顔のことなんか気にしてないとは思いますが、いつまで経っても美しくあり続けたいと思っています。

って言ってもこれは二重整形ではなく他の美容整形になると思いますが・・・

これから二重整形を考えている人で崩れないか心配な人もいると思いますが、20年経っても崩れないですし、むしろ年齢に合わせてまぶたの状態も変わるので安心してくださいね。少しでも参考になればうれしいです。

-整形で二重を作る

Copyright© FutaeWannaBe , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.