整形で二重を作る

麻酔は痛いの?

投稿日:

麻酔と言ってもたくさん種類がある

二重の整形を受ける際には麻酔注射を打ちます。一口に麻酔注射と言っても様々な種類の麻酔があります。基本的には施術を行う医者が最適な麻酔を選択しますが、どんな麻酔の種類がありそれぞれの効果がどのようなものなのかを知っておくのはどうでしょうか。医者によっては施術を受けるあなたの意見を聞いてくれます。

笑気麻酔について

笑気麻酔は全身の麻酔になります。医療用ガスの一種である笑気ガスを吸うことにより全身を麻酔にかけます。注射とは違い呼吸によっての麻酔のため、眠るような感覚で麻酔状態になれます。しかし、笑気麻酔単体では完全な麻酔状態にすることができないため(睡眠薬で寝ている程度の麻酔のため)、その他の麻酔と併用することが多いようです。
どちらかと言うとその他の麻酔の痛みを抑えるために行う麻酔のための麻酔という位置づけです。

局所麻酔について

全身麻酔とは異なり、局所麻酔は意識が残ります。局所的な痛みを感じないようにするための麻酔が局所麻酔です。二重整形では最もポピュラーな麻酔のため、大半の方が局所麻酔を使用することになります。意識消失の麻酔は自立呼吸ができないなど、麻酔中の対応が面倒になりますが、局所麻酔ではこれらの心配がないため、全身麻酔に比べ費用も安く済みます。

静脈麻酔について

静脈麻酔は静脈に麻酔薬を投与する方法になります。投与する麻酔薬には様々な種類がありますが、1分程度で意識がなくなり眠ることが多いです。二重整形の場合、意識がある中での手術が怖く抵抗がある人がいるため、意識がなくなる静脈麻酔を希望する人もいます。ただし、静脈麻酔をしてしまうと目を閉じた状態しか施術中に確認することができなくなります。

二重整形の手術で麻酔を打つ場所

局所麻酔の場合、目元付近に数カ所麻酔注射を打ちます。まぶたやまぶたの裏にも麻酔を打ちます。まぶたの裏と聞くと麻酔を受けたくなくなりますが、二重になりたいという気持ちで乗り越えて下さい。
一般的には二重整形の手術では局所麻酔を用います。意識がある状態での施術が望ましいためです。意識がある状態で目の周りを手術されるのは抵抗があり、全身麻酔や静脈麻酔を希望する方もいます。もちろんこれらの希望を叶えることも可能ですが、二重の整形では目を開けた状態も確認しながら施術を行うことで完成度が高まります。全身麻酔で意識が消失していると、目を閉じた状態しか確認できないため、目を開けた時に予想とは違うという残念な結果になってしまう可能性があります。

二重整形の麻酔は痛くない

まぶたの裏に注射と聞くとかなり痛いように感じますが、実際には痛みはほとんどありません。医師にもよりますが、基本的には最初はまぶたの表側に麻酔注射を行います。1回目の注射は若干痛みを伴いますが、2回目以降の注射は1回目の麻酔が効いているため痛みはほとんどありません。視覚に入る部分に注射の針が見える恐怖感はありますが、痛みはありませんので心配しなくて大丈夫です。

二重整形でオススメの麻酔

おそらく二重整形を経験したことのある人のほとんどが局所麻酔だと思います。
まぶたの表側に麻酔を打った後にまぶたの裏側から麻酔を打つ方法です。
医師から説明される麻酔も局所麻酔ですし、手術の程度(時間や切開範囲)を考えても局所麻酔がオススメです。特に希望がなければ局所麻酔を選択するのがよいでしょう。

たまに、お金のことしか考えていない病院では追加料金の発生する全身麻酔を勧めてくるところもあります。こちらから希望していないのに全身麻酔を勧めてくるようなら病院を変えたほうが良いと思います。

二重整形で全身麻酔はしない方が良い

二重整形をする際に選べる麻酔はたくさんあります。基本的には医師が決定しますが、あなたの希望があれば聞いてくれる医師もいます。

整形はもとより手術自体が初めての人の少なくないため、なかには麻酔の痛みが全く伴わない笑気麻酔(全身麻酔)を希望する人もいます。

しかし、二重整形であれば全身麻酔はしないほうが良いです。確かに痛みがないことは魅力的だったり、起きたら手術が終わっているのも魅力的だと思います。
ただし、全身麻酔は局所麻酔に比べると危険が伴います。

命に関わるような重い副作用も僅かながらありますし、めまいや頭痛など軽度の副作用は起こりやすいという特徴があります。

麻酔の痛みよりもつらい思いをする可能性もあります。また、未成年者にとって全身麻酔は負担が大きいですので、あまり行わない方がよいです。

そもそも全身麻酔は数時間に及ぶ外科手術などで用いられるため、1時間以内に終わってしまうプチ整形の二重整形で使用するには強すぎます。

さらに全身麻酔をしてしまうと意識がない状態になりますので、常に目が閉じた状態になってしまいます。医師も目を閉じた時と開けた時の状態を確認しながら手術を行ったほうがミスも少ないですし、完成度も高くなります。
そのため、医師にとっても局所麻酔の方が良いのです。

費用の面でも、局所麻酔は料金内に含まれていることが多いのですが、全身麻酔になると別途の費用がかかることがあります。

以上のことから、二重整形をする際には局所麻酔の方が良いです。
ただし、意識のある状態でまぶたを切開されることが恐怖で耐えられないという人は医師と相談し、全身麻酔を選択することもできますので安心してください。

-整形で二重を作る

Copyright© FutaeWannaBe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.